2019年 5月 の投稿一覧

平成最後の日の過ごし方~その3

平成最後のBBQをスタート!!

さあ、「ローストビーフを落ち着かせてる間」に、BBQをスタートしましょう。
時刻は、まだ17時ですが、朝・昼食とパンだったため、子供達もお腹を空かせているはずです。その子供たちは?というと、「住箱」がえらく気に入ったご様子。まるで「秘密基地」へ篭城するかの如く、「住箱」から出てきません(っていうか、スマホに夢中・・・怒)。天気がいまいちで、雨も少し降りだしたため、「まあ~仕方がないか?」。さてBBQですが、牛さがりに牛タン、塩・味噌ホルモンなど…。「ローストビーフがあるから~。」と買い物を控えめにしてました。が、子供達には、牛タンが予想に反して大人気。食べてみると、サイズ大きめでしたが、柔らかくて美味しい。あっ!という間になくなってしまいました。また、ご飯も美味しくて、三合を炊いたハズでしたが、こちらもあっという間でした。我が家のBBQ(in キャンプ)では、いつも飯盒でご飯を炊いておりますが、いつも美味しくいただけております。やはり、自然の中でいただくご飯は、また格別といったところでしょうか?

雨が強くなり、タープを撤収!

好きなだけBBQ+ご飯などを食べ終わった子供たちが、そそくさと「秘密基地」へ引き上げ、その後雨が強くなってきました。この辺(十勝地方)の予報では、明日も雨だったので、少々面倒ですが、夜のうちにタープを撤収して、「あずましく令和を迎えよう!」と考えておりました。BBQを終えようとしていたところ、雨が弱くなりました。このスキにタープを撤収・・・「住箱」のお陰で、荷物は少なかったため、それほど時間もかからずに撤収を終了することができました。時刻は、20時をまわったところ。さあ、住箱に入って、平成最後の夜を過ごすこととしましょうか?

住箱に入るや否や、「お腹すいたなあ~」(笑)。

タープの撤収が終わり、酒でも飲みながらまったりと令和を迎えようと思いきや、下の子が「なんだかお腹がすいたなあ~」(笑)。たしか、ちみ達は、BBQやご飯をたらふく食べたはずでわ?・・・。我が家のキャンプでは、夜に小腹が空いたら「(カップ)ラーメンを食べる!」ことが、しばしばあります。しかし、今回はカップラーメンを持ってきておりません!まあ、こんなこともあろうかと、ひそかに忍ばしておいたものが、「マルタイラーメン」です。

私、ご飯があたらなかったため、結構「大腹」が空いておりました。全会一致??でラーメンを作ることに・・・。しかし、「住箱」内での調理はNG!なので、スノーピークのカッコイイストーブでお湯を沸かし、雨のあたらない場所(外)でラーメンを作り、しばしの腹ごしらえです。
結構美味しかったようです・・・私、結局ラーメンもあたらず・・・泣。

さあ、平成もいよいよ大詰めです。

平成最後の夜・・・あと、3時間足らず。「年末の大晦日的な感じ?」から、正直なところ、家で酒でも飲みながら、リモコン片手にテレビ特番の「はしご」もいいなあ~と思ってました。この「住箱」には、「テレビ」や「ラジオ」はありません。しかし、間接照明や「ほおずき」が用意されており、室内はとても「いい感じ」でした。そのせいか、22時を過ぎると、妻と下の子はご就寝。上の子は「令和になってから寝るっ!」とがんばるそうです。とりあえず、スマホでテレビを観ながら、ビールでも・・・。しかし、お腹空いたわ。

〜その4へ行きましょう!〜

平成最後の日の過ごし方〜その2。

「スノーピーク十勝ポロシリ」へ到着!

「麦音」さんを出発、車で走ることおよそ30分くらいでしょうか?今夜お世話になる「スノーピーク十勝ポロシリキャンプ場」に到着しました。昨年の夏以来となるためか、下の子は「ただいま〜」と言っておりました(笑)。


                入り口に掲げられた看板。

       ものトーンの建物に、通路部分の赤土がとても映えますね?


       今夜の住処「住箱」も、去年より数が増えているようです(多分)。

時期的にある程度の寒さを想定して、「冬装備」も準備してきましたが、想定外の暖かさに少々驚きました。まあ、寒いよりは全然マシです。天気予報では、これから下り坂で夜には雨が降り出すとのこと。受付を済ませて、いよいよお待ちかねの「住箱」へ移動します!

「住箱」とは

「じゅうばこ」と読むそうです。お正月の「重箱」にかけているのでしょうか?粋なネーミングですね?よく工事現場とかで見かける「スーパーハウス」(現場事務所?)のように、ただ箱が置かれているのかと思いきや、車輪がついており、まるで「トレーラーハウス」のようです。著名な建築家の方の考案で、なんと販売もされているようです(お値段結構張ります)。スタッフの方の案内で、使い方等の説明を受けながら、「住箱」の中へ・・・。中に入って第一声「暖かい!」。見ると、スノーピークのカッコイイ灯油ストーブが置かれていましたが、ストーブは消えておりました。予想以上の気温の高さ(暖かさ)もありましたが、扉や窓が結構重かったので、ある程度の密閉性が確保されているのかも知れません。

       カッコイイストーブ・・・テーブルの空いたところに組み込みが可能    

ここのキャンプ場は、(たしか)通年営業で,真冬でもキャンプ等の利用ができるようです。そのため、真冬は灯油ストーブだけでは足りないため、別の暖房器具を用意するとスタッフの方が言ってました。また「住箱」の中には、シェラカップやガスコンロにガスランタンなどのスノーピークのグッズが揃えられており、なんと自由に使ってイイとのこと(ただし「住箱」内での調理は、NG!)。また「住箱」は、基本2名分の椅子やベッド等の設備が配置されているようですが、今回家族4名利用でしたので、2名分の寝具(寝袋・マット)を無料で貸してくれました!(しかも、スノーピークのシュラフ「オフトン」でした!)        

 


       お借りしたシュラフとマット・・・グッスリ眠ることができました。

さてさて、雨が降ってくる前に色々と準備をしなければ。まずは、タープ(今年で引退のコールマン・ラウンドスクリーンタープ)を設営し、火を起こして、早速BBQ等の準備にかかります。

意外に簡単にできた!「ローストビーフ」に初挑戦っ!

今回は、いつものBBQの他に「ローストビーフ」に初挑戦っ!です。火ですが、今回は「ファイアグリル」と、メッシュの焚き火台の二つを用意しました。ちなみにごはんは、いつもの「兵式飯盒」をスノーピークのガスストーブをお借りして炊くことにしました。さて、ローストビーフですが、生肉の塊をビニール袋に入れて、塩・胡椒にチューブのにんにくを多めに入れて、袋ごとモミモミして、少し置いておきます。その間に、スキレットとダッチオーブンを火にかけて、熱しておきます。スキレットから煙りが出てきたら、オリーブオイルを入れて、先程のお肉を「表面に焼き色がつく程度」に焼きます。ダッチオーブンは、予めアルミホイルで網皿を覆っておきます。これだけで、後片付けがラクになります!その網皿の上にお肉を載せて、さらに付け合わせの玉ねぎやじゃがいもを一緒に入れてフタをし、フタの上に熱した炭をたくさん載せて、蒸し焼きにすること15分くらいでしょうか?。その後、温度計がないので、鉄の串を肉に刺して、肉内部の温度を確認します。今回は、スキレットで思いのほか焼きが入ってしまいましたので、このくらいの時間でも、内部は結構熱くなっておりました。ちなみにテレビでやってましたが、目安として50〜60度くらいがいいそうですよ。これで加熱はおしまい。次に肉をアルミホイルでくるんで、さらにタオルでくるみ、しばらく置いておきます。テレビでは、このことを「落ち着かせる」と言っておりました。このとき、肉は必ずテントやタープの中に置きましょう。カラスが狙っているかも知れませんよ。

          「ヤエンストーブ レギ」を使って飯盒炊飯をしました。

〜その3に続きます!〜

平成最後の日の過ごし方〜その1。

令和の幕開け〜おめでとうございます!

「平成から令和へ…」いよいよ新しい時代「令和」がスタートしました。「改元」の瞬間を迎えることなど、人生でそうそうあるわけではありません。私、現在50歳ですが、「昭和」→「平成」→「令和」と、改元は二度目の体験?です。そういえば先日、新聞(地元紙)を見てましたら、国内最高齢116歳⁉︎の方の記事が掲載されており、「明治」→「大正」→「昭和」→「平成」→「令和」と、なんと、五つの時代を渡りあるき、今もなお、お元気とは、まったく恐れ入りました。 続きを読む