10月は「食品ロス削減月」食品ロスを減らすためにできる4つのこと。

SDGs

10月は,「食品ロス削減月」。

令和元年10月1日に制定された「食品ロスの削減の推進に関する法律」(食品ロス削減推進法)第9条「国民の間に広く食品ロスの削減に関する理解と関心を深めるため,食品ロス削減月間を設ける」さらに第2項で「食品ロス削減月間は,10月とし,特に同月30日を食品ロス削減の日とするとしています。
また「10月30日」については,宴会の食べ残しをなくすため,宴会の最初の30分間と最後の10分間は席についてお料理を食べ尽くそうという「3010(さんまるいちまる)運動から,10月30日となったようです。

そもそも食品ロスとは?

「本来食べられるにもかかわらず捨てられてしまう食品」(=もったいない)のこと。主に家庭や飲食店等で発生する「食べ残し」スーパーやコンビニ等店舗において、売れずに残ってしまう「売れ残り」、また賞味期限・消費期限が到来する(した)食品の一括廃棄等(→「食品ロス」”Food Waste”があります。
これに対して生産者側にて「色・形が悪い」「傷がついている」「サイズが小さい」等の理由により、商品となれずに廃棄されてしまう(→「フードロス」”Food Loss“)海外ではこの”Food Waste”と”Food Loss”をそれぞれ区分しているが,日本では二つをまとめて「食品ロス」と位置づけをします。

食品ロスは、SDGsの目標にも掲げられている。

最近よく耳にする「SDGs(エス・ディー・ジー・ズ)」(持続可能な開発目標)。この17ある世界的目標のうちの12番目として「つくる責任つかう責任」として11項目が掲げられているが,その3番目「2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人あたりの食料の廃棄(Food waste)を半減させ,収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失(Food Loss)を減少させるとしている。

今日,今からでもすぐにできる4つのこと。

お店で注文する時は、食べられるだけの分量を頼もう!

とてもシンプルであり,至極当然のことである。
それ
でも初めて訪れるお店だと,ボリューム感などが分からないので,注文時に店員さんに聞いたり,食べきれなかった場合に持ち帰ることは可能かどうか?確認をしておくと良いでしょう。

家では、買った食材・食品を把握しておこう!

これまたシンプル。しかし,世のお忙しいお母さま達からは,お叱りを受けそうです・・・。それでも最近では,冷蔵庫に管理機能がついていたり,食品管理のアプリ(スマホ)があるので,上手に活用すると良いかもしれません。

買い物をするときは,棚の手前から順番に取ろう!

これもまた,当然のことです。
陳列の際にお店側は,賞味期限の早いものから手前に並べています。それなのに,わざわざ棚の奥のから,商品を引き抜くかの如く持っていく方をよく見かけます。これは,「賞味期限が少しでも新しいものを買いたい!」という心情からの行動なのかと思われます。しかし,賞味期限が多少前後しようとその品質に大きな差異はないようです。それどころか,賞味期限の新しいものばかり売れると,賞味期限の短いものが結果的に残って廃棄され,その廃棄分の在庫を店側が減らすことで,その結果,商品の金額が値上げされるといったことにもなりかねません。
商品は手前から取りましょう!

セール品に惑わされない!

よく店頭でそれこそ賞味期限が間近に迫った商品が,「半額」とか「〇〇%オフ」といった処分セール品を見かけます。「あっ!これが半額なの!!」と使い道などをよく考えずに勢いのままに購入それで満足してしまうため,結局使われずに家の棚の奥の方で,静かに賞味期限を迎えてしまうことが多いと思われます。食品に限らず,購入の目的や使い道をよく考えて購入するようにしましょう!

いかがでしたか?

食品ロスを減らすために,今からできることを4つご紹介いたしました。
何れもごくごく当たり前のことです。昔よりも社会活動のスピードが速くなている今日この頃ですが,たまには立ち止まったり,ゆっくりとものごとを考えることも必要なのではないでしょうか?そうすることで,今まで見えなかったことが見えて,新たな発見や気づきにつながると思います。

参考となれば,幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました