RSR名物?ラジオ体操〜今年も「祭りの妖精」が降臨!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みといえば、やはり「ラジオ体操」?

令和初!!待ちに待った夏休みが始まった。
夏休みといえば、やはり「ラジオ体操」だろう。自分が子供の頃は、夏休みの開始と同時に、ラジオ体操カードを握りしめて、友達と近所の公園に集まり、見知らぬ?おじさん達が、担いで持ってくる大きなラジカセから、大音量でラジオ体操を流していたものだ。昭和、平成、令和と時代が移り変わった今でも、自分が住んでいる地区・町内?では、そんな大人たちにより、ラジオ体操は、受け継がれている。
今年もありがとうございます!

ライジングサン(RSR)でラジオ体操!?

全国的にとても暑い今年の夏、各地で夏フェスが開催されている。そのフェス会場で「ラジオ体操」が密かに行われているのをご存知だろうか?毎年8月中旬のお盆時期に北海道で開催される「ライジングサン・ロックフェスティバル(RSR)」である。私が参加したのは,かなり(10年以上?)前になるが,ライブなどが行われていない朝のひっそりとした時間帯に,それは行われているようだ。その方を最初に会場で見かけたのは,ステージとステージの間を移動する通路脇で「パフォーマンス(受け身)」をしていて,「あっ,新手の芸人さんかな?」と若干気にかける程度でしたが,時間が経つにつれて,ギャラリーが多くなり,なんだかよくわからないが,みんなで盛り上がっていた記憶がある。

それは、「祭の妖精〜祭 太郎」

その「新手の芸人さん⁈」とは、「祭 太郎」さん。北海道の出身で、太鼓口上などのパフォーマンスのほかにも、絵を書いたり、プロレスのリングアナ、さらに資格を生かして鍼灸院を開業したりと、多彩な活動をされている方だ。特徴的なのは、そのいでたち。頭に「うさぎの耳?」をかぶり、上半身はハダカで、八百屋さんのような前掛け。そして傍らには、太鼓がある(はず)。RSRには、2002年からずっと連続して参加してようだ。回を重ねる毎に注目を集め、毎回たくさんのエゾロッカー(RSRに参加する人)が集う。早朝のラジオ体操は、「ラジオ体操祭」と称して、祭さんが、マイク片手にまるで体操の講師のように、「ハイっ、胸を大きく開いてぇ〜」と熱血指導。また夜には「盆踊り」でエゾロッカー達とフェスを盛り上げている。某動画サイトでも、そのご活躍されている模様がアップされているので、興味がある方は、ご覧いただきたい。

今年は、タイムテーブルも掲載されている!?

ここまでくると、祭さんは、もう「アーティスト」と言っても過言ではなかろう。それを象徴するように、RSRの今年の公式HPを見ると、「注意事項」に祭さんのカット(写真)が掲載されているし、また、何と「祭太郎ブース タイムテーブル」まで掲載されている。これは、ライブ演奏とは違ったRSRの「アーティスト」として、認められている証拠であることほかならない。

札幌市内で個展も開催中。

このRSRの開催に合わせるように、祭さんの個展が開催されている。
「祭の妖精・祭太郎の絵画展と写真展photo:yoshisato komaki」
8/6(火)から8/26(月) 10時〜18時まで
場所は、プレミアホテル中島公園 札幌1Fロビーギャラリー 入場無料です。
私も足を運んでみたいと思います。

最後まで、お付き合いをいただきまして、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*