平成最後の日の過ごし方〜その1。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

令和の幕開け〜おめでとうございます!

「平成から令和へ…」いよいよ新しい時代「令和」がスタートしました。「改元」の瞬間を迎えることなど、人生でそうそうあるわけではありません。私、現在50歳ですが、「昭和」→「平成」→「令和」と、改元は二度目の体験?です。そういえば先日、新聞(地元紙)を見てましたら、国内最高齢116歳⁉︎の方の記事が掲載されており、「明治」→「大正」→「昭和」→「平成」→「令和」と、なんと、五つの時代を渡りあるき、今もなお、お元気とは、まったく恐れ入りました。

平成最後の日は、お出かけ?それとも自宅で・・・?

さて、今年のGWは、皇位継承に伴う祝日・休日が重なることで、最大10連休となりました。かく言う私は、4/26(金)にお休みをいただき、11連休・・・(ありがとうございます!)。連休明けの社会復帰に少々時間がかかりそうで、若干不安ですが・・・笑。そんな連休中に迎えた「4/30・平成最後の日」ですが、どちらで過ごされましたか?ましてや今回は、200年何年ぶり?且つ、憲政始まって以来はじめての皇位継承となるため、我が日本国としては、まさに「世紀の一瞬」と言っても過言ではないと思います。テレビ局各社もこの「世紀の一瞬」を逃さないよう特別番組を組み、その瞬間を迎えようと準備をしておりましたね?その瞬間をゆったり自宅で観るも良し・・・ですが、我が家は、今年最初のキャンプで、新しい時代を迎えよう」と決めておりました。

スノーピーク十勝ポロシリで、年越しならぬ「時代越し!?」

この時期の北海道、桜前線が到来しますが、気温はまだまだ低め(寒いっ!!)です。なので、キャンプ、特にテント泊は、厳しいかと思っておりました。たまたま予約の段階で、4/30に「住箱(じゅうばこ)」の空きがあったため、興味本位でしたが、すぐさま予約を入れました。ここのキャンプ場は、昨年も利用し、お世話になりました。昨年はテント泊でしたが、水周りの清掃が行き届いており、トイレにはウォシュレット完備と非常に嬉しい限り。対応いただいたスタッフの方々は、皆さん若く、とても親切にしていただきました。その際にこの「住箱」のことを知り、一度利用してみたいと思ってました。また今人気のスノーピークとあらば、ここへ来ないという手はありませんよね?

札幌から高速に乗り、まずは帯広へ!

札幌から帯広までは、高速で3時間くらいでしょうか?キャンプ場のチェックイン時刻が午後なので、朝ごはんをマックで済ませ、高速に乗り、一路十勝帯広へ向かいます。帯広は、亡くなった祖父が眠っているため、法事等で毎年訪れています。しかし、法事が冬季なので、GWに訪れるのは、ほぼ初めてでした。秋から冬にかけての景色しかみたことがなかったため、今回、あちこちで桜が咲いているのを見て、とても新鮮な気持ちになりました。また現在NHKの朝ドラの舞台となっているため、観光客の方が今後増えることは必死ですね!

キャンプ場に入る前に簡単な昼食を。

事故や渋滞等なく順調に高速を進み、昼過ぎには帯広市内へ到着。お昼ご飯ですが、キャンプ場でガッツリBBQの予定だったので、軽めで良いかと・・・ことになり、帯広の有名なベーカリーショップ「麦音」さんへ寄りました。

 

「麦音」さんは、帯広の人気店「満寿屋商店」さんが手がけるお店です。帯広へ来たら、必ず寄るお店のひとつです。お昼時間は、とうに過ぎておりましたが、連休とあって、こちらも大変混雑しておりました。「カレーパン」や「パニーニ」、「ピザ」や「ベビーパン」などの定番を中心に買い、天気が良かったので、家族で外のイートインスペースでいただきました。ちなみに、今回一番ハマったパンは「塩バターパン」でした(写真を撮る前になくなりました泣)。

敷地内は、さながら広い公園です。子供達が楽しく遊ぶ姿や、歓声があちこちからあがっておりました。

実際に販売されるパンに使用されるのでしょうか?小麦畑も有りました!
すばらしい風景のもとで軽食を済ませて、いよいよキャンプ場へ向かうこととします!

〜その2へ続きます〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*