サンダーバードメールの署名が使えなくなった時の対処方法

Tips

令和最初の新年、仕事始めにサンダーバード(メール)に異変が…。

いつもよりも少し長かった今回の年末年始、また令和最初の新年を迎え、いかがお過ごしでしょうか?
今週はじめ、いよいよ令和2年・2020年の仕事始めでしたが,私のオフィスは、年末年始のサーバー休止からの復旧に少々時間がかかり,出勤の勤怠管理もできないありさま。それだけならばまだしも,メールをチェックし,たくさん届いているメールに返信をする際に,いつもと違う感じに気がつき・・・。なんだか,メールの表示が暗くなっている(いつの間にかダーク化)し,署名機能「クイックテキスト」が使えなくなっていました。

原因は、ソフトウェアのバージョンアップ?

どうやら,年末年始の間にバージョンアップ(Ver.68へ)が行われたようです。私の周りからも「そういえば、画面(色)暗くなったみたいね?」という声が聞こえてきました。それよりも私は、いつも使っている「署名」の表示が無くなっていたため、ひどく落胆しておりました。というのも、私は、いつもメールを書く際に「いつもお世話になっております」や「よろしくお願い致します」などのいわゆる「定型文」は、いちいち書くのが面倒なことから、「署名」に集約・登録しておりました。「署名」には「クイックテキスト」というアドオンを利用。社内向け2パターン、社外向け1パターンの計3パターンを作成。それらを駆使して、メールを作成しておりました。しかし今回のバージョンアップにより「クイックテキスト」は、未対応となってしまったようです。

実は、最新版が公開されていた!!

念のため、「アドオン」から「クイックテキスト」を検索してみたところ、なんと最新版(2.8)が公開されているではありませんか!!

因みに、それまで使っていたバージョンを確認すると、なんと「1.5」と結構古いものであることが判明・・・お恥ずかしい。アドオンから「(最新版)クイックテキスト2.8」を選択し、「+Thunder birdへ追加」のグリーンボタンをクリック!しばらくしてから、サンダーバードを再起動すると、いつもの署名が出てきて一安心。以前登録した署名もちゃんと確認できました。これで、以前のようにメールが処理できそうです。

今回は、ソフトウェアのバージョンアップにアドオンが対応済みだったため、事なきを得たところでした。

上記のような事象のすべてに、今回の対応が有効であるとは限りません。
あくまで、参考といただけますと幸いです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました