Excelの起動が遅いので、試してみた4つのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

祭りのあとで・・・。

♫なさけな〜いオトコで・・・なんて歌もありましたね?(笑)。

こんにちは。
今更古い話ですが、一昨年!?の夏にWin7pro→Win10proへハードごと更新しました。
その年の大型アップデート「Windows10 Fall Creators Update = Windows10祭り!?」や昨年4月の「April 2018 Update」を無事に乗り越えて以降、問題なく使っておりました。
ところが、昨秋の「Windows10 October 2018 Update」を行って以降、office365(特にエクセル)の起動に時間がかかるようになりました。

ハード的には、特段の問題もなく・・・。

因みにハード情報ですが、以下のとおりです。
 
*************************************
CPU:Intel(R)Core i5-6500 3.20GHz
RAM:実装8.00GB
*************************************
 
メモリが若干心許ないですが,これまで作業中にメモリが100%になることは、全くなかったことから、スペック的にはそれほど問題はないかと思われます。

多くは「ネットワークのせい」だと・・・。

因みに「office365 遅い」などとネットで検索をしてみますと、「ネットワークの問題」やれ「ネットワークに原因あり」のように、「ネットワーク」がまず上がってきます。でも、このことをこの分野に長けている私の友人に聞いてみたところ、(office365は)確かにネット経由でダウンロードするけど、一部を除くソフトウェア自体はPCに保存されPC上で起動するので、ネットワークは問題ではない!と言っておりました。なるほど、確かにネット接続に問題はなく、メールの送受信やネットブラウジング、また大きな容量のファイルダウンロード等、全くストレスなく使えておりました。

1.まずは、officeの修復を試みる。

友人のアドバイスを受けて「ネットワーク」からは一旦離れて、「ソフトの調子が悪ければ修正か?」とoffice365の修復を試してみることにしました。
 
 
作業が終わるまで少々時間を要しますが,無事に終了。
※この時は、10分くらいかかりました。
 
 
一応PC自体を再起動し,エクセルを起動してみますが,やはり起動に時間がかかります。念のため、翌日もやってみましたが、変化はありませんでした。どうやら、ソフトウェアの不具合ではなさそうです。
 

2.OSやoffice365が、最新版かどうかを確認する。

次に、OSやofficeのアップデートを確認し、最新版へアップデートをさせました。
また、念のため、ディスクユーティリティを実行させましたが、特段の不具合等は見つかりませんでした。

3.電源設定を確認してみる。

次に、コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→電源オプションをみると、標準の下に、こんな項目がありました。
 
◯高パフォーマンス
北海道胆振東部地震の後だったこともありますが、省エネ・節電(←同じか?)のこのご時世、当然PCもディスプレイや本体を「標準」にしておりました。
 
 
もしかして、この設定(標準)になっているから、パフォーマンスも落ちているのか?単純にそう思い、「高パフォーマンス」を選択してみました。
 

4.ブラウザをリフレッシュする?(情報更新)

これは、当ブログ内「Google Chromeでサイトが正しく表示されない?」で,古いキャッシュやクッキーがブラウザの表示に影響することをご紹介しております。Windows10マシンですが、古いキャッシュやクッキーを削除したその後、エクセルの起動が以前よりも早くなった印象です。

https://neo-universe.net/google-chrome/

以前よりは、少し起動が早くなったような・・・?

その結果、それまでに比べて、少し早くなったような気がしてます。
今回、4が加わり、確かに起動が早くなったと思います。
さらに早くしたい のであれば、やはりSSDへの換装でしょうか?
また変化があれば、レポートをさせていただきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*